メニュー

バレエ用品

カテゴリー別
ブランド別
バッグ

バレエ雑貨

カテゴリー別
ブランド別
演目別で探す
価格から探す
特集

新規会員登録

ポイント制度について

 
>はじめてのバレエ | おとな編

チサト店長が指南するはじめてのバレエ大人編
バレエはいくつからでも始められます!

一度は習ってみたい、習ってみたかったと、憧れを持つ人が多いバレエ。

子供の頃からしていないから、体が硬いから、太っているから、とあきらめている方へ。今、大人のバレエが流行ってるんです。

「体力が落ちた、体型が崩れてきた、ふと鏡にうつった自分に驚いた・・・なんとかしたい」「子育てもひと段落して自分の時間が出来たからなにか始めたい」などなど、せっかくならやってみたかったバレエをしてみたい、そんな4-50代の方が増えています。

大人は限られた人しかできなかった頃と異なり、今はフィットネスやカルチャーセンターから個人教室、本格的な教室まで選択肢も様々で、大人の初心者歓迎の教室が増えて間口も広がっています。

普段着ることができない可愛いレッスン着に心が躍り、たくさんのお友達もできて皆様楽しい時間を過ごされています。

チサト店長の通うバレエ教室も大人クラスは4-50代を中心に上は70代まで、幅広い年齢の女性がレッスンに励んでいます。

いまさら無理、と思っている方へ、ぜひバレエを始めてみてください。バレエを始めたい大人の方を、ミルリトンは全力で応援致します。

わからないことがあれば、お気軽にご相談くださいね。

チサト店長が答えます!
大人のバレエQ&A

まったくの初心者ですが、私にも始められますか?
「入門コース」を設けている教室もあるので、生まれて初めてバレエをする人でも大丈夫!体が硬くてもストレッチで慣らしていけばやわらかくなっていきます。
フィットネスやカルチャー教室でバレエのレッスンもありますので、気軽なレッスンからはじめてもいいですね。
まずは、体験や見学に行ってお教室の雰囲気が自分に合うか、確認しましょう。
バレリーナやダンサーにはスリムな方が多いですが、ダイエット効果はありますか?
ダイエット目的だとほかにもいろいろスポーツなどがあるので、即効性でいえば「バレエが一番!」とは言えないですが、柔軟性を高めて筋肉を鍛えるので、自然と脚や上半身が引き締まります。また、レッスンを通して身体を引き上げる習慣がつき、姿勢が良くなります。長い目でみると、きれいな体づくりができます。
習いたいと思ったら、何から始めたらいいですか?
まずは教室を探して体験レッスンへ行ってみましょう!
実際に練習風景を見ることで、受講生の年齢層、ウエア、クラスのレベルや先生の指導法などさまざまな雰囲気がつかめます。ご自身にあった教室を見つけてくださいね。
どのくらいの頻度で通えばよいですか?
まずは週一回でも通ってみましょう。体を動かすことで体調が良くなり、よく寝れるようになったという方もいます。そして最低3か月は通ってみてください。身体が変化が実感できます。
体が慣れてきたら、週1回から、2回、3回にレッスンを増やしてみましょう。回数が増えればレッスン料も1回あたりお安くなりますし、身体も引き締まってきますよ。
ちなみに、私のお教室ではフリーというのがあります。お月謝で何回行っても同じ料金です。なので、毎日行ってる方多いです。50代後半~の方もたくさんいますが、皆さん超元気です!
バレエウェアは、なぜピッタリしているのですか?
バレエは正しいポジションや身体の動かし方を重視するため、ボディラインがよく見えるようにレオタードを着ます。
大人の方には半そでタイプで二の腕を隠すタイプのものも人気ですが、キャミソールタイプだと、Tシャツやニットを着てもゴワゴワせず、脱ぎ着がしやすいメリットがあります。
バレエのトップスは基本的に丈が短く作られていたりぴったりめなのは、レッスン中にお腹が引き上がっているか確認するためです。隠していると、先生も体のラインが分かりにくく、どこの筋肉を使えているか見えないので、注意が出来ません。
ボトムについては、ジュニアの方はお尻周りが見えにくいのでレオタード1枚でレッスンすることが多いですが、大人の方はレオタードに、スカートやショートパンツを合わせるのが基本です。
レオタードのお色に合わせて、ご自身が素敵に見えるようにコーディネートしましょう。
太っているところ、気にしているところを隠そうとして、色々着てしまいがちですが、隠していると緊張感もなくちっとも引き締まらない上に、体の中心が鍛えられないため上達も遅れます。思い切って出すところは出して鏡で確認!意識的に引き上げ続けてくださいね。効果を実感できます。
恥ずかしくてレオタードなどを着る自信がありません・・・
外を歩くわけではありません。せっかくなので、レッスンウエアを楽しみましょう!普段着ることのない素敵なお色のレオタード、ふんわり乙女なスカート、素敵なウエアを着ることで、更にやる気が出てレッスンが楽しみになります。
ショールームにご来店いただける方には、ご試着いただき、レオタードやスカートなど、バレエが大好きなチサト店長が素敵にコーディネートをご提案します!
遠方で、ご来店いただけない方は、お電話やメールでご相談承ります。
ミルリトンでは、こんなウエアが着てみたいなど、ご要望をおうかがいしてオーダーも可能です。
オーダーの場合は、ティアラさんで作っていただきます。レオタードは大きいサイズもお作りが可能です。スカートやキュロットなど、丈の長さのご要望をお伺いすることもできます。
「私のサイズはない」と諦めずにご相談くださいね。
若くはないので、身体を傷めないか心配です。
スポーツはなんでもそうですが、無理をしたり、正しくケアをしないと故障につながります。
年齢を重ねると、お子様に比べて怪我もしやすいです。特に寒い時期は身体がまだ温まらないうちに動いて怪我をすることも。
レッグウォーマーは、ファッション的にも素敵に見えますが、脚を温めて守ってくれます。大人の方は必須です。
バレエはアスリート並みの体力がいるので、疲労もたまります。怪我をしては楽しいレッスンにも行けなくなります。無理のないように、不具合が出る前に、たまには整体や整骨院に行って身体のケアをすることも大事です。
ちなみに、私はこれを怠り、何度も痛めてしまって、整骨院や鍼灸院で叱られています。。
発表会は出なくてはいけないのでしょうか?
大人の方は発表会は出なくても大丈夫な教室が多いです。
でも、いつかは発表会に出ることを目指してレッスンしてほしいです。目標を持つことで上達へも繋がります。舞台で踊ることは、たくさんの努力と感動があり、発表会を目指して仲間と頑張る一体感や達成感も大人になってからはなかなかできない体験です。
バレリーナの独特な美しい立ち姿に憧れます。あんな風になれますか?
鎖骨のラインがまっすぐが正しい立ち方です。その為には肩甲骨を下げて肩を下げ、お腹をしっかり引き上げること。
レッスンをすることで、身体を引き上げる習慣がつき、大人からはじめても姿勢が良くなります。もちろん、日常から意識する努力は必要です。
バレエを上達させるのに、体幹を鍛えるピラティスレッスンもオススメです!
私は、バレエ好きが高じてピラティスも本格的にはじめ、ロンフレッチャーピラティス認定インストラクターの資格を取得、ピラティススタジオも運営しています。
ピラティスを始めてしっかり床が踏めるようになり、ジャンプや回転物が以前より出来るようになりました。

チサトピラティスビューティスタジオはこちら

まず揃えるのは4アイテム

  • レオタード
    レオタード
  • スカート・ショートパンツ
    スカート・ショートパンツ
  • タイツ
    タイツ
  • バレエシューズ
    バレエシューズ

まず揃えるのは、レオタード、タイツ、バレエシューズ。そして大人はレオタードの上にスカートやショートパンツを履きます。

教室によってはTシャツ&スパッツでレッスンするところもあるので、体験や見学時に受講生のウェアをチェックしてみてくださいね。

アイテムが指定されている場合もあるので、事前に教室に確認を忘れずに!

レオタード

チサト店長のワンポイントアドバイス

バレエは正しいポジションや身体の動かし方を重視するため、レオタードでボディラインがよく見えるようにします。
最初はブラックで、半袖タイプのものを選ばれる方が多いですね。

  • 【ミルリトン】エンジェルスリーブツートンレオタード

    8,900円(税別)

  • 【ミルリトン】キラキラストーン付シフォンスリーブレオタード

    8,900円(税別)

  • 【ラフィーネ】ジュリエットレオタード

    10,000円(税別)

  • 【ラフィーネ】マリアンヌカットレオタード

    10,000円(税別)

  • 【ラフィーネ】チュールパフレオタード

    10,000円(税別)

  • 【ラフィーネ】チュールキャミレオタード

    9,000円(税別)

  • 【ラフィーネ】丸首7分袖レオタード

    7,500円(税別)

  • 【ティアラ】フリルカラーレオタード

    8,900円(税別)

  • 【ティアラ】ベロアスリットキャミレオタード

    8,900円(税別)

  • 【ティアラ】ハイネックレオタード

    8,900円(税別)

スカート・ショートパンツ

チサト店長のワンポイントアドバイス

大人の方はレオタードの上から腰まわりを隠すアイテムを着用するのが一般的です。
レオタードのカラーとコーディネートして、ウェアのおしゃれも楽しみましょう!

  • 【ミルリトン】エレガントフリルスカート

    4,800円(税別)

  • 【ラフィーネ】フレアキュロット

    3,900円(税別)

  • 【ラフィーネ】キュロット

    5,200円(税別)

  • 【ラフィーネ】履き込みスカート

    5,500円(税別)

  • 【ラフィーネ】プリント巻きスカート

    5,400円(税別)

  • 【ラフィーネ】チュールリボンスカート

    5,200円(税別)

  • 【ラフィーネ】ウエストギャザーキュロット

    3,500円(税別)

  • 【ティアラ】フレアパンツ

    4,500円(税別)

  • 【ティアラ】ベロアパンツ

    4,500円(税別)

  • 【ティアラ】エアリーキュロットスカート

    5,800円(税別)

  • 【ティアラ】Wエアリースカート

    5,500円(税別)

トップス

チサト店長のワンポイントアドバイス

バレエのトップスは基本的に丈が短く、身体のラインがわかりやすいように作られています。

それは、レッスン中にお腹が引き上がっているか確認するためです。隠していると、先生も体のラインが分かりにくく、どこの筋肉を使えているか見えないので、注意が出来ません。

太っているところ、気にしているところを隠そうとして、色々着てしまいがちですが、隠していると緊張感もなくちっとも引き締まらない上に、体の中心が鍛えられないため上達も遅れます。思い切って出して鏡で確認!意識的に引き上げ続けてくださいね。効果を実感できます。

  • 【ミルリトン】ドライメッシュ刺繍Tシャツ

    2,900円(税別)

  • 【ラフィーネ】レーストップス

    6,800円(税別)

  • 【ラフィーネ】クロスカバーアップ

    3,900円(税別)

  • 【ティアラ】バレエTシャツ

    3,900円(税別)

  • 【ティアラ】フロントタイトップス

    4,900円(税別)

タイツ

チサト店長のワンポイントアドバイス

脚の筋肉をチェックしやすいピンクのタイツが一般的です。
フーター(足裏穴なし)タイプが基本ですが、トゥシューズを履くようになると、つま先のケアがしやすい穴あきタイプが便利です。
大人の方はブラックのバレエ・レギンスを履く方もいらっしゃいます。

  • 【ミルリトン】オリジナルバレエタイツ/足裏穴なし・フータータイプ

    1,500円(税別)

  • 【ミルリトン】オリジナルバレエタイツ/足裏あき

    1,500円(税別)

バレエシューズ

チサト店長のワンポイントアドバイス

普段履いている靴より1cmくらい大きいサイズをお選びください。お店で試着をしてもらうお客さまは、1cm大きめがジャストサイズという方がほとんどです。
足の指をしっかり伸ばした状態でぴったりのサイズが◎です。

  • 【マガーレ】バレエシューズ/スプリットタイプ

    2,100円(税別)

  • 【DANCEMART】スプリットソールバレエシューズ/ブラックレザー

    2,500円(税別)

ウォームアップ

チサト店長のワンポイントアドバイス

レッグウォーマーは寒い冬はもちろん、夏でも冷房で脚を冷やさないように活用すると◎です。
身体が冷えて筋肉や関節がこわばったままレッスンをすると怪我にもつながります。あったかウェアでしっかり体を守りましょう♪

バレエのレッグウォーマーは家での冷え対策にもスグレモノです。

  • 【ラフィーネ】ニットカバーアップ

    4,500円(税別)

  • 【ラフィーネ】リブニットパンツ

    3,000円(税別)

  • 【ラフィーネ】ニットレッグウォーマー

    3,000円(税別)

  • 【ラフィーネ】レッグウォーマー

    1,900円(税別)

  • 【ドナプリマ】12分袖ニット ロング丈

    5,400円(税別)

  • 【ドナプリマ】メッシュニットトップス

    5,200円(税別)

  • 【ドナプリマ】ふわふわボーダーパンツ

    4,500円(税別)

  • 【ドナプリマ】ふわふわボーダーかかと穴リブレッグウォーマー(超ロングタイプ)

    3,900円(税別)

  • 【ドナプリマ】ふわふわ丸首ニットトップス

    5,500円(税別)

  • 【ドナプリマ】ふわふわレッグウォーマー

    3,200円(税別)

  • 【ドナプリマ】ボーダーレッグウォーマー

    3,500円(税別)

あったら便利なインナー

  • バストトップなど胸元が気になる方に。パッドを差し込んだだけで使えるレオタードもあります。

    胸カップ

    700円(税別)

  • 生理中のレッスンにも安心なサニタリーショーツ。踊ってもズレたり浮いたりしない高いホールド力。クロッチ部には防水布使用の羽根つき対応で安心です。

    サニタリーショーツ

    2,400円(税別)

  • レオタードからのはみ出しや、表へのひびきの心配が少ない薄く柔らかなショーツです。

    インナーショーツ

    1,200円(税別)

  • ソフトな風合いで、ウェア内をドライに保つボディファンデーション

    ボディファンデーション

    3,300円(税別)

バレエと一緒にピラティス!

バレエは大人からでも始められますが、なかなか子どもほどすんなり上達はしません。これまで特になにもやってなかった大人の場合、体幹は弱り、柔軟性も低く、長い生活習慣で筋肉のバランスも悪くなっていて基礎的な身体ができていないことも原因のひとつです。そんな身体の基礎を改善することで、「できた!」が実感できるようになります。

ミルリトンのチサト店長は、バレエに役立てるためにピラティスをはじめましたが、ピラティスの魅力にとりつかれ、今後日本では取得できないロンフレッチャーピラティスのインストラクター資格を取得。兵庫県の武庫之荘でスタジオも運営しております。

ピラティスで体幹を鍛え体の軸をつくることで、しっかり床が踏めるようになり、ジャンプや回転物が以前より出来るようになりました。

バレエに限らず、パフォーマンスを向上させたいアスリートの間でもピラティスが注目されていて、取り組んでいるトップアスリートも数多くいます。

ピラティスには、シェイプアップ効果があるので、ダイエットや美容にも効果も期待できます。

もっとバレエを上達させたい方、バレエはやっていなくても健康で美しいカラダづくりをしたい方、ピラティスをはじめてみませんか。

クラシックバレエ歴20年以上、ロンフレッチャーピラティス認定インストラクターチサトが、お一人お一人に合わせた、無理のないレッスンを致します。

お近くにお住まいでない方も、全国各地で個人で教えている方もいらっしゃいますし、フィットネスやカルチャースクールなどでもクラスがあります。ぜひバレエと一緒にピラティスを試してみてください。

test